HOME > 脳ドックについて

脳ドックについて

EPARK 人間ドック

脳ドックQ&A

脳ドックとは?

A.

「脳ドック」とは「脳の健康診断」です。
症状を出す前にかくれている脳の病気を見つけます。

脳ドックイメージ

なぜ脳ドックを受けるの?

A.

脳の病気はいったん症状を出すと治りません。いわゆる後遺症です。
手遅れになる前に異常の有無を見極めます。

どのような病気を見つけるの?

A.

「かくれ脳こうそく(脳梗塞)」
~知らないうちに血管がつまる
「脳動脈のこぶ(脳動脈瘤どうみゃくりゅう)」
~くも膜下出血になる
「脳のできもの(脳腫瘍しゅよう)」
~大きくなって治療できなくなる

あまり聞いたことが無いのはなぜ?

A.

人間ドックは聞きますが、脳ドックはあまり聞きません。
それは皆様になじみがないからです。
実は特定健診や自治体・企業の健康診断にも含まれていません。
にもかかわらず 脳卒中は日本人の死亡原因の第3位 です。
高度な検査機器がまだ十分普及していないからです。
当院では最新鋭MRI検査を身近で気軽に受けて頂く機会を提供します。

脳ドックは高いの?

A.

脳ドックは高いものと決めつけていませんか?
東京都などでは通常3万円、高い場合は5万円以上するところもあります。
当院では気軽に受けて頂くことを第一としてお手頃な値段にしています。
希望に合わせて3種類さらに多数オプションの設定があります。

どのような機械で検査するの? MRIって何?

A.

身体にやさしく精密に検査できる(MRIエムアールアイ)という機械で検査します。
放射線を使わないので安心です。
当院のMRIは最新鋭デジタルです。
デジタルMRIは福岡県では主要な大学病院にしかありません。
当院は皆様の脳を守るためにあえて導入しました。

脳ドックイメージ

何を見るの?何を検査するの?

A.

脳に関係するものすべて検査できます。
さらに最新ソフトで大事な脳の働きを見る事ができます。
簡易脳ドックでは、脳に異常があるかどうかをみます。
一般脳ドックでは、脳と合わせて脳の血管もみます。
先進脳ドックでは、さらに脳の血の流れ、脳の神経、さらに悪性のできものなど異常部分、
また小さな出血の跡などこれまでできなかった事を検索します。この検査は最先端の機械と
最新のコンピューターソフトを使わないとできません。脳をより詳しくみたい方はオプションで行います。

結果はすぐにでるの?

A.

結果は郵送ですぐにお知らせします。
詳しい説明を希望される方は面談も申し受けます(有料)。
万が一、精密検査や治療が必要と思われた方はすぐに電話連絡いたします。
引き続き検査や治療をする場合は保険診療となり初診料無料です。

 

種類 MRI 記憶 頸動脈エコー 血液検査 尿検査 心電図 時間 結果説明 価格
脳血管 頸動脈 認知症 税別
脳ドックミニ 30分 郵送 20,000円
脳ドックプラス 60分 30,000円
脳ドックスタンダード 120分 50,000円
脳卒中ドック 90分 40,000円
物忘れドック 120分 50,000円

平成30年11月1日現在

 

当院の脳ドック受診疾患発見データ(2017年度)

疾患データ
疾患データ

高血圧の方の脳疾患発症の危険性は特に高くなります。
当院の疾患データでは高血圧を指摘された方は約3割で、無症候性脳梗塞(症状がない脳梗塞)と高血圧を一緒に指摘された割合は全体の2割になり無症候性脳梗塞を指摘された方のほとんどが高血圧を指摘されています。

脳ドックご予約はこちら
脳ドックご予約はこちら
EPARK 人間ドック